日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2009年45号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2009年44号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
青キジの「骨がある一味」発言について
今さら感の強い記事ですがね。
青キジがロングリングロングランドで言っていた
「政府はまだまだお前達を軽視しているが
 細かく素性をたどれば骨のある一味だ」
という発言について。

この発言が真実だとすれば、
麦わらの一味は全員、
何かしらとんでもない人物・国・団体などと
関係があることになる。


じゃあ、麦わらの一味の面々の素性は
どんだけ骨があるのかちょっと考えてみる。

まず、ルフィとロビンは書くまでもないので省略。

メンバーの中で一番わかりやすいのはウソップ。
なんせ、"四皇"赤髪海賊団の幹部の息子だからね。
十分すぎるほど骨がある。


次に見当がつきやすいのはチョッパー。
師匠であるDrくれはは、
Dの意思について知っていたり、
ロジャーの本名を知っていたりすることから、
ロジャーないしはDの一族と何かしらの関係があったことが推測される。
したがって、くれはの過去いかんによっては、
弟子であるチョッパーに対して青キジが注目しても不思議はない。


次にゾロ。
ゾロは親族についての話題がまったく出ていないので、
ぶっちゃけこれからの展開でどうとでもなる。
あるいは、師匠であるコウシロウは
鉄を斬る極意を知っていたりすることから
かなりの腕の剣士であることが予想されるため、
実はコウシロウが世界的に有名な剣客で、
その弟子ということでゾロも骨があると判断された可能性も。


サンジについては、ゾロと同様に
師匠であるゼフが相当な大物海賊だったとすれば
簡単に説明がつけられる。
あるいは、サンジは北の海出身であるという伏線があるから、
その出身が問題なのかもしれない。

というのも、サンジは現在までに判明している情報から、
その出身についての仮説を立てることができる。

サンジは頑なにその顔写真が世界に公開されない。
これにはギャグや隠密行動のためという理由もあろうが、
実際には「サンジの親族に知られないため」ではなかろうか。

サンジが本当に骨のある素性、
すなわち"大物の家系"だったとするなら、
親族が「サンジが賞金付きの海賊になった」ことを知れば
何らかのアクションを起こすはず。
神(作者)の視点から見て、
そのイベントは
サンジの素性が明らかになるときまでとっておきたいので、
なんだかんだと理由をつけて
サンジの顔写真が出回らないようにしているのではなかろうか。

例えば、サンジが北の海の王族だったとしたら。
サンジはアラバスタ編でMr"プリンス"と名乗っているし、
本当に王子だったとするなら、
王子が海賊になったことが知れたら一大事なので
あえて尾田先生がサンジの顔写真が出ないよう
仕向けているのやもしれない。

また、一般人ではそうそう読む機会がないであろう
「悪魔の実辞典」を幼少の頃に読んだことがあるという事からも
サンジが一般的な出身ではないかもしれないことが推測される。
(これは単にゼフが所有していたのかもしれないが)

まあ、どちらにしろ
ゼフかサンジについての詳細が明らかになるまで
答えはお預け。


最後にナミ。
一応、アーロン一味の幹部だったという過去はあるが、
それだけではルフィやロビンの素性と比べると
少々物足りない感じがする。

かといって出身が凄いのかと言えば、
ナミは孤児であり、本当の親も出身地もわからないのだから、
海軍としても調べようがない。

…と思っていたのだが、
よく考えてみればノジコもナミと同じ出身のはずであり、
ベルメールに拾われた当時まだ赤子だったナミと違って
ちゃんと当時の記憶を覚えているノジコから情報を辿れば、
ナミの本当の出身地には辿り付ける筈。

あるいはベルメールは海軍所属だったのだから、
ベルメールが退役直前に行っていた戦場を調べることでも
ナミの出身地はわかりそう。

それでもナミの本当の両親を調べるのは至難だろうから、
ナミについてはロビンのように
出身地そのものが大変な場所だったと考えるべきなんだろうか。
東の海とはいえ、テキーラウルフのように
歴史的に重要な場所もあるようだし。


と、ここまででメンバーの素性がどんなもんか書いてきたけども、
青キジと出会ったときにはまだいなかったメンバーが2人。
こいつらの素性もついでに調べてみると、

まずフランキーは、
ロジャーの船を作ったトムの弟子ということで、
まったく問題なく「骨がある」。

ブルックについては、
こちらもまだ未解決の伏線である
「護衛船団の団長だった」という経歴があるので、
この護衛船団なるものがどんなものかによるだろう。



結局わかったことは、
青キジ発言の答えが明かされるのは、
だいぶ先になりそうですね、ということですね。
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 13:14 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/71-b15dc50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。