日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年1号の感想と予想 | main | サブタイトルの法則について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2009年53号の感想と予想
なんか見慣れたせいか、
ワンピースのアニメの新OPが
けっこういい感じなんじゃないかと最近思い始めてきた。
○ONE PIECE
まずは0話から。

-気になったこと
・カラー扉絵にはちゃんとナミだけいませんね。

・薄々わかっちゃいたが、ガープとつるは
 スモーカーとヒナの関係にそっくりだ。

・クザン、サウロ、ボルサリーノ?、モモンガ、
 あと名前忘れたバスターコールんときにいた中将を確認。

・"世界を滅ぼす兵器"言われてみれば、空島のポーネグリフを
 読んでるんだから、ポセイドンのありかは知ってたわけだロジャー。

・ロジャーの海賊旗は巻き髭が二重になってるドクロでした。

・センゴクさん強かったのね。
 てっきり頭脳労働でのし上がった派かと思ってた。

・レイリーはロジャーの処刑にはそうそうたる面々が揃っていたと
 以前に言っていたけども、その面子とは七武海の一部にシャンクス、ドラゴン。
 まだ子供のハンコックとまだ海賊じゃないジンベエをのぞいて、
 この場にいない七武海はくまのみ。
 やはりエースが蹴った七武海のイスを獲得した"新入り"は
 くまなんだろうか。

・「海賊時代の呪いよ!!」
 いいや鼻はお前のせいだ。

・マリーゴールド・・・どうしてああなった・・・

・当然だけどマゼランにも下積み時代があったのね。
 しかし副署長のときから下痢を患っていたとしたら
 よく出世できたものだ。実働数時間のくせに。

・海賊艦隊提督・・・
 クリークも同じ肩書きを持っていたけど、シキに憧れていたとか?

・これもわかっちゃいましたが、マキノさんの「お山」発言から、
 ダダンならびにエースは山の中で暮らしているようで、
 フーシャ村の人らは基本的にエースの存在は知らんようですな。
 しかしマキノさんはあんなでっかい野球ボールで何をする気だ。

・「このクソガキ」
 うーん、この発言者は一体誰だ。
 説1:ダダンだよ説
    まあ普通に考えればそうなるけど、
    この言葉使いは明らかに男だし、以前も書いたけども
    ダダンが男なら、エースはダダンを「オヤジ」として
    認めていないことになるのでどうなんだろう。
 説2:ダダンは女だけどあんな口調だよ説
    まあ、ダダンが女でもあんな喋り方をするのだと考えれば・・・
 説3:ダダンじゃない第三者だよ説
    もともと、ダダンが1人暮らしだったと決まったわけでもないし、
    ダダンとあと誰か男が住んでた所に
    ガープがエースを連れてきたのだと考えれば。
    そんで上の発言はその男のほう。

・ベルメールさん、海軍コート羽織ってるってことは、
 支部とはいえけっこう偉かったのか?

・ガイモンさんとか、ちょいキャラを忘れないのが尾田先生のいいところですね。
 どうせならプードルとかシュシュの飼い主とか出してもよかったんじゃ。


そして本編。

-超新星のみなさん
全員無事!!

黄猿にやられた4人は捕まったのかと思ってたけど、
なんとか切り抜けたみたいね。

ところでなんでボニーは泣いているのか。
普通に考えるなら、白ひげ傘下の海賊達の中に
友人・知人・家族がいるか、
あるいはオーズJrと友人だったとか。


-包囲壁作戦
今週、超新星の話があったりページ数少なかったりしたことも手伝って
あんま話が進まなかったんだけど、
海軍の本命であるこの包囲壁、
発動したからには、これによりどんな効果があって、
どんなことが起こって、白ひげ側がどんな対応をするのか、
をちゃんと描いてやらないと
海軍の作戦の凄さが薄れてしまうから仕方ないといえば仕方ないのかな。

包囲壁はったけど1ページ後にルフィに飛び越えられました、
では海軍がしょぼすぎるからね。

あと単行本収録話数の調整も兼ねているのだろうけど。


-マスト
ルフィがマストを持ってたのは、
ジンベエの海流に乗るためのイカダとして使うためですね。
さすがに能力者を海水に包んで放り投げるわけにはいかんし。


○NARUTO
-ダブルラリアット
漢字で書くのめんどい。

それはダブルラリアットではなくクロスボンバーではなかろうか。
ダブルラリアットだとロシアの赤いサイクロンになっちゃうよ。
半裸市長でも可。

あと、この技は相手の首を飛ばした後に
お互いのラリアットがぶつかり合って
自滅しそうな気がするんだけども。
どうやっても、今週描かれていたみたいに
雷影とビーが前後にすれ違うようにはならないよ。

あるいは、獣神サンダー雷影様が
その超スピードでビーとの激突寸前にかわしたんだろうか。


-水影様
右手の正拳で相手の右頬を殴るなんて
器用なマネをしますね水影様。


○BLEACH
看板三作品が休まずに載ってるのって
けっこう久しぶりな気がする。

-ゆるゆるゆるゆる
ジョジョ5部のラッシュみたいなセリフで切れるヤミーさん。
こんな愉快なセリフを吐けるあたり、
彼の怒りゲージにはまだまだ余裕がありそうです。

つーか実際に「ゆるゆるゆる・・・」って言ってみたら
物凄く言いづらかった。
ヤミーさん滑舌いいなあ。

まだ死んでなかったことは
嬉しくもあり、うんざり感もあり。


-東仙vs狛村
この盲目と異形の友情って設定はかなり好きなんで、
ヤミーさんほっといて
この戦いから消化してくれそうなのは嬉しい限り。

しかし東仙の卍解は反則甚だしいので、
「仮面つけるほうがよっぽどすばらしい力だよ」
とか言われても全然説得力ない。
つーか鏡花水月効かないんだし、
卍解使えば藍染にも勝てる気がするんだが東仙。
むしろなぜ剣八に負けた。


○べるぜバブ
いつもはヒルダやベル坊の都合で
男鹿が振り回されているのに、
今回は男鹿が主導権を握っていてなんか新鮮だ。

この話だけ読むとヒルダが普通にいい人に見えるし。


○ねこわっぱ
やっぱりまだパパ上の親バカ成分が足りんなあ。
読みきりのときとは違って
タマをメインにしなければいけないから
仕方ないのはわかるけども。

そして今後は狸神社の神様もなんやかんやで転入してきて、
そこにタマを狙う刺客が現れて、
タマ・狐・狸でチーム組んでバトル化して
レフトバーストバイパーとかやっちゃう未来が見える。

あと子供2人でもしんどいのに今週もがんばるじゅうたん猫。


○ジャンプフェスタ
ジャンプ屋台村の14メニューのうち、
アニメ化作品が2つずつ料理を出している中で、
こち亀やぬらりやスケットやバクマンを差し置いて
PSYRENからメルゼズパフェ…だと…?

しかしこれはいいアイディア。
ぜひ食ってみたい。
行かないけど。

あと土方スペシャルはマヨネーズの量が圧倒的に足りん。
もっとぶっかけて「黄色いもの」にするくらいじゃないと。


○賢い犬リリエンタール
-掲載順
「ままま まちたまえ
 おちついてはなしあおうじゃないか!」

なんかこのセリフはリリエンタールっぽくなかったなあ。
「~です」ってついてないからか?


-黒服の組織
ああ、構成人にはちゃんと女の人もいるのね。
あとヨーロッパ支部まであるとか。

それにしても、小学生じゃない女性キャラが出てきたのは
久しぶりだけど、この人滅茶苦茶可愛いな。
日野・母ってこんな感じじゃなかろうか。
目細いし。


-シュバイン(26)
二十代半ばであの管理・統率能力だと・・・
さすがヨーロッパ支部は次元が違った。


-「ゴールド紳士ウィルバー様素敵!」
何プレイだこれは。
なんという変態という名の紳士。

そしてLLLがやっぱりいい顔過ぎる。


-「そのようなルールが!?」「あるんです!」
先週の「ありません」に続いて
今週の「あるんです」。
なんだかんだでLLLもいい人だ。


-新たな刺客
今度はワリーゼ・カナリーナさんあたりでお願いします。


○PSYREN
あれ・・・?
先週の掲載順は有線トランス・・・?

-ヴァン
なにこの可愛い生き物。
だんだんキャラが崩壊してきてる気がしなくもないが。
やっぱりおフランス人だったのね。


-重版出来
まったくPSYRENと関係ないけど、
「重版出来」って
「じゅうはんしゅったい」って読むんだ・・・
「じゅうはんでき」だと思ってたorz


-西河麻子さん
突如出てきた新キャラ
おだんご頭の西河さん。

でも名前に空も天気も入ってないので
ただのちょいキャラでしょうかね。


-ウロボロス
ちゃんと名前にも意味があったのね。
蛇のような軌道で動くからウロボロス、と。

もし本当に意思があるのだとしたら、
約束の涙を使って交信することで
ウロボロスを地球に呼び寄せたということだろうか。

しかし、WISEはビラで
「神との交信に成功し 約束の涙を手に入れた」と言っている。
これはつまり約束の涙がなくても
ウロボロスと交信できるということなので、
交信手段自体は別にあるということなのか。


-働かない研究員
「皆の邪魔をしないようにここにいるのが僕の仕事」

はて、この人はなぜ研究所にいるのか。
この人がグリゴリ関係者なのはまず間違いないので、
それを踏まえて
1:研究所の誰かを監視している。
2:研究所で得られる・研究している何らかの情報が狙い
3:グリゴリの研究員だったが弥勒に潰されたため、
  政府がとりあえずの所属としてこの研究所に配属した。

グリゴリが未だに活動しているとは思えないので、
1や2の線は薄いかなあ。
グリゴリは潰されたけど、
生き残った研究員達を無所属にしておくわけにも
クビにするわけにも始末するわけにもいかず、
とりあえずの隠れ蓑としてNASLに押し込んだとか。


ひょっとしたら02~05号の誰かってことも考えられるけど、
それはないかな。
グリゴリ育ちで研究員には
さすがになれないと思う。知識量の問題で。


○来週号予告
バトル系漫画の主人公に混じっているボッスンが
一番強そうに見えるのはなぜなんだ。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:58 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/83-6f8412e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。