日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年2号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2009年53号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年1号の感想と予想
なんで雑誌ってやつは
12月なのに新年号になってしまうんだろう。
○ONE PIECE
-表紙
映画版ロビンのエロさはどうしたことか。


-見開き扉
パッパグのブランド「クリミナル」のTシャツには
ヒトデマークの他、
フランキーみたいなポーズの人魚マークも入っとりますね。
タコマークはないのか?


-対談
「シリーズの始めから感動を狙うことって絶対ないんです」
各所でツッコミを受けていた「狙って感動」発言ですが、
この対談で解釈する限りは
結果的に感動になることはあっても最初から狙うことはしていない
ということなんでしょうかね。

例えば、最近の感動話ということでリトルオーズJrの件。

リトルオーズって、今週の白ひげの
「隠し船による特攻」のために設定されたキャラで、
エース絡みで感動させるのが主目的ではなかったと思うんですよ。

この特攻を行うためには、
リトルオーズが
1:単騎で敵陣深くまで突っ込む
2:包囲壁の上で気絶する
ってことが必要になる。

んで、1のためには、リトルオーズがそんな無茶をするだけの
十分な"理由"が必要で、それが「オーズと笠」のエピソード。
あれはただの感動話としてだけではなくて、
オーズを突っ込ませるための"動機"になっていると。

2のためには、リトルオーズが「気絶しているだけ」
ということがバレてはならない。
バレたら海軍やモリアに止めを刺されてしまうから。
従って、今週の展開に繋げるためにはどうしても
「死んだように見せかけて実は生きていた」
という扱いにせざるを得ない。
過去にもキャラが死んだとみせかけて生きていた、というのはあったけど、
オーズの場合はキャラを殺し(たように見せかけ)て感動を誘うのが
メインの目的ではなく、
あくまで白ひげ船の特攻に繋げるために必要な展開だったから。

尾田先生としてはまず白ひげ船特攻が頭にあって、
それを実現させるためにリトルオーズというパーツが考え出され、
で、そのリトルオーズが取るべき行動を突き詰めていくと
偶然にも感動系の話になった、という感じかね。

ンマー、個人的解釈ですので念のため。


-クロコダイル
順調にデレていくクロコダイルさん。

このままだとピッコロベジータのポジションに収まって
渋いニヤリを交換しながらピンチに高いところから現れる存在になってしまうぜ。

弱った白ひげを見て何か心境に変化でもあったんでしょうかね。
無難に
「弱った白ひげを倒しても意味はない」とか。


-マルコ
「なんで黄猿はレーザーで白ひげ本船を攻撃しないの?」
「なんでマルコはさっさと空からエースを奪い返しに行かないの?」
という疑問を見かけますが、
それは黄猿とマルコが互いに牽制しあってるからです。
黄猿が攻撃しないのはすべてマルコに防がれるから。
マルコが動かないのは本船からあまり遠くへ離れると
黄猿に本船を落とされるから。

既に本船を沈められ、白ひげ本人も参戦している今となっては
マルコが参戦しない理由がなくなったため、
今週でようやくマルコが出てきたわけです。
戦争開始直後にマルコと黄猿のやりとりを入れたのは
そーいう理由でしょうたぶんきっと恐らく。


-白ひげ
あのブーンっていってるの何なんでしょ?
グラグラの実の能力?

覇気・・・にしては、
ボア姉妹もレイリーも、
今までに覇気の戦闘描写がある人は誰も
あんなブーンは使ってなかったし、
やっぱりグラグラの実かね。


-隊長
「海軍を滅ぼせェ!!!」
のコマで前面に勢ぞろいしてるのが恐らく隊長たちですね。
右から順に
・ポケポケの実(仮)の能力者
・白ひげよりでかいおさげの人
・燃える刀の人
・豚鼻の人 この人だけモブみたいだけど562話で隊長扱いされてます。
・ジョズ(3番隊)
・クリエル(10番隊)
・ワンワンの人
・ビスタ(5番隊)
・腕太い人
・手甲っぽい腕の人
・アトモス(13番隊)
・和服の人
・クリミナルのTシャツの人

これで13人。
マルコ、エース、サッチを加えて16人。
で全員ですね。


-単行本
56巻は白ひげ登場まで収録。

つーことは、57巻は11話収録だとすれば
ちょうど「海賊大渦蜘蛛スクアード」まで入りますね。
あのラストで次巻に続くとか
単行本派をじらし殺す気か。

57巻が海軍のターン、
58巻が白ひげ反撃のターンなので、
単行本の表紙も57巻は海軍+七武海、
58巻は白ひげ一派になりそうかな。


-行方不明
キャプテン・バギー、Mr.3、ダズ、イナズマ、
あなた達は今いったいどこに?
特にダズなんて今回の白ひげ船にも乗れてないだろうし
どっかで溺れてるんじゃ。


○NARUTO
時々思う。
岸本先生は場面転換があんまうまくいかないことが
多々あるなあと。

今週のラスト、我愛羅とナルトが向かい合うシーンから
突然「ドッ」って誰かが吹っ飛ぶシーンに切り替わるから
ナルトが我愛羅を思いっきりぶん殴ったのかと一瞬思った。


○BLEACH
東仙がペプシマンになった件について。

どう考えてもペプシマン化より
卍解で閻魔蟋蟀使ったほうが強いよなー。
だってアレって黄金聖闘士でいったら
乙女座のシャカだぜシャカ。

とか考えてたら
ペプシマン状態で閻魔蟋蟀出すのが
一番強いのだと気がついた。

狛村隊長の卍解はまともな相手に使用したことがないので
なんやかんやで楽しみです。


○べるぜバブ

今週のジャンプの表紙に載っている
べるぜバブのイラストの、
ベル坊の顔を指で隠すと
「おがまるだしっ」になります。


○手塚賞
最終候補「トライアル」の講評
「ここまで妹を好きな兄には共感しにくい<鳥山>」

ど ん な 話 だ 。


○ねこわっぱ

キビマロの籠がやたらぼろくなったと思ったら
先週でタマに壊されたんだっけか。
それはともかくキビマロが急にいいキャラになった気がする。
犬を焼き殺そうとしてた奴とは思えん。

そして狐の神使には同じ顔の奴しかおらんのか。


○賢い犬リリエンタール
-先週号
あ、あれ?
いろんな感想サイト様とか掲示板みてまわったけど
ほとんど誰もシュバインさんと話してた女の人のこと書いてない…

おっかしーなー
あの人いいと思うんだけどなー


-てつこ
今さら気づいた。
IRON GIRL = 鉄子 = てつこ


-「おことわる!」
とても汎用性のありそうな名言がここに誕生いたしました。


-ライバルになるとある良いこと
1:何を競っているのだw
2:リリエンタールに女の子にもてたいという願望があったことが驚き。
3:「くいっくいっ」はかっこよくないw
4:「ニヤリ」これはわかる。よくわからんがわかる。
5:顔に落書きされるピンチとはいかようなものであるかw

こうしてみると、映画ドラゴンボールのピッコロさんは
すべてを満たしていたような気がするなあ。
特に5番。
あ、実写映画のほうじゃなくてね。


-「誘拐されたかいがあったよ」
ここにも名言がまた一つ。


-「名が広まるのは秘密組織として二流の証」
な、なるほど・・・
ものすごく納得してしまった。

そして耳の痛そうな組織が同じジャンプ内にちらほら。


-ロン毛ししょう
と聞くとどうしてもBLEACHの作者を思い浮かべてしまう。

LLLも「うむ」とか言ってるし。


○バクマン
な、中井さん・・・
なんだこの病魔にとりつかれてるとしか思えない変貌っぷりは・・・

ちょっと2個後ろの漫画からハデス先生出張してきてくれないだろうか。


○PSYREN
-巻末コメント
「色々と大事な用事が重なり、予定がズレました」
ああ、最近の順位低迷は入稿遅れによるものだったのか。

・・・と思いたい。安心したい。


-射場さん
やはりグリゴリの生き残り・・・だが、
たった一人しか生き残っていないとは思わなんだ。
「人間として扱おうとした」と言っている事から、
弥勒からの好感度が他の研究者より高かったため
射場さんだけは見逃してもらったんだろうか。

あの毛の長い青峰君のような友人もなんか怪しい。
政府が今回の事件のことを知れば、
必ず対応策を求めて
唯一の生き残りである射場さんとこに来るのは明らかなので、
政府からすでに何らかの手を回されている可能性も。

そして政府つながりでネオ天草(予定)さんが
出てきたりしてくれないだろうか。


-まともな人間
サイキッカーはまともか、まともでないか。

ただ一つわかることは、
雨宮さんはまともな人間ではないということですね。


-05号
ジュナスもやはりグリゴリ出身者でした。
以前予想したとおり。
グラナのこと知ってるっぽかったからね。

しかしそうなるとジュナスという名前は自分で考えたわけか。
グリゴリ出身者のさすがの中二力よ。
まー、まともな教育されてないんだろうし
仕方ないんだろうけど。

ただしドルキとシャイナ、テメーらは駄目だ。


-06号
この笑顔は新入りと仲良くなることで
その良心に働きかけて
頭の装置を外させて脱出するための作戦とみた。

射場さんが頭の装置を外したせいで
弥勒はジュナスとともに脱出。
その際に射場さんだけは殺されず見逃されたという展開か?

ところで、グリゴリは壊滅したといっているけど、
"ホーム"はまだ生きていて、07号はそこにいるわけだよね。
「実験体を止める手段」ってのは
ひょっとしてネメ主こと07号さんのことではなかろうか。

でも07号にちょっかいを出すと
ネメシスQがそもそも生まれなくなって
歴史改変自体が大きく狂ってしまう可能性が。


○ジャン魂G!
木村カポエラが面白かった。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:41 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/84-5cbca915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。