日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年5・6合併号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2010年2号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年3・4合併号の感想と予想
背表紙に忠実に「週・・・刊」にしようかと思ったけど
感想サイト更新チェックにはじかれるかもと思ってやめた。
○Jスペシャルケータイカレンダー2010
掲載されている作品の中で
2010年を全うできずに散っていく作品は
どのくらいあるのだろうと考えたら切なくなった。


○NARUTO
-過呼吸
けっこう長いこと少年漫画を読んできましたが、
過呼吸でぶっ倒れる主人公なんて初めて見た。
斬新過ぎるぜ岸本先生。

この展開の何が凄いって、
まったくナルトを心配できないことですよ。
敵の攻撃やら思い病やらで倒れるなら兎も角、
過呼吸って命に別状はないことがわかりきってるから、
「ああ、ナルトも精神的にいろいろ参ってたのね…」
と同情することしかできん。
次週以降への「ヒキ」としての効果がなさすぎる。


-幻術?
うん、先週のリボーンよりも早くわかった。
幻術あるいはそれに類するものだと。
つかもう「やられたと見せかけて実は生きてた」展開は飽きたよ。
おなかいっぱいだよ。

とりあえず忍とマフィアは全員
雨宮さんに弟子入りしてきなさい。


○べるぜバブ
-アランドロン
先週の予告にあった「死ぬ」のってお前かい!!
まあ本気で死んだとは微塵も思っておりませんが。
たしか第一話で人間界に来たときもなんか瀕死だったし。


-真・ベル坊
まさかただ可愛いだけだったベル坊が
こんなにも頼もしいと思える日が来ようとは。

肩書きだけから考えると、
ベル坊さえいればどうとでもなりそうな気がしてならないのだが。
魔王だし。


-魔界編
ところで、今回のシリーズの
漫画内での立ち位置がよくわからん。

っていうか、
そもそもこの漫画は読んでいてなんかモヤモヤすることがたまにある。
のは、ジャンプに連載している漫画の中で
この漫画だけ「目的」がないからだと気づいた。

ONE PIECEやPSYRENのように最終目的がはっきりしているわけでもなく、
NARUTOやBLEACHのように敵がはっきりしているわけでもない。
かといって、スケットやリリエンタールのように
特に敵も目的も必要ない一話~数話完結型のコメディでもない。
もちろんギャグ漫画でもない。

特にゴールを定めずに走り出してるから
読んでてちょっと不安になるというか、
そんな変な感覚に襲われるんだなーと。

一応、他の王子候補とか情報はあるけど出てきてないしね。


○ONE PIECE

-赤犬
の放った犬型の溶岩が
妙にガープの被り物と似ている気がするのは
気のせいか?
むしろ赤犬はガープをも
敵視しているかのような印象があるわけなんですが。

そういやじいちゃんあの被り物全然しなくなったなあ。
扉絵でしか被ってないんじゃないか。


-エース
ミニ回想。
やはりエースは人里からは隔離されて育てられた様子。
エースがロジャーのことを聞きに行ったのも
「町」だったから、
エースはフーシャ「村」からは
それなりに離れた場所にいたようですね。

しかしルフィの「エースは3年早く島を出た」発言から、
ルフィとエースが同じ「島」にいたことは間違いないので、
フーシャ村がある島のどこかの山の中、
がエースの住処だったわけでしょう。

あと、エースも最初は
父親のことを悪く言われてキレるくらいの感情は
ロジャーに対して持ち合わせていたようですね。
いつからかロジャーに対しては
嫌悪に近い感情を抱くようになっていったみたいだけど。


-「生きてみりゃあわかる」
名言ですねこれは。
いかにもガープらしい。
そしてワンピースらしい。

そしてこの発言があったからこそ
「今になって命が惜しい」に繋がると。


-ダダン?
ちょいちょい出てくる割には
まったく全体像のつかめないダダン。っぽい人。
今回の絵だとどうも太っちょのオッサンっぽく見えるけども。

恐らくガープの友人だということは
そのガープの発言から推測できるけど、
それ以上の情報がなあ。

仮に登場したとして、
ダダンは今もフーシャ村のある島に住んでいるんだとしたら
ストーリーに絡む余地はなさそうだしどうすんだろ。


-マルコ
がダメージを受ける条件はなんなんだろう。
まあ覇気による攻撃が再生できないのはなんとなくわかるとしても、
今週の黄猿の攻撃はなぜか効いてたみたいだし。

「マルコも危ない」って言われてるってことは、
あのダメージは不死鳥の能力では再生できないということだろうし。
でも黄猿のレーザーには覇気は乗ってないと思うんだよね。
乗ってたら最初の勾玉でマルコ死んでるだろうし。

今週、黄猿に撃たれたとこでは
マルコは完全に人型になってたから、
人型のときに受けたダメージは再生できないってことかいな。
獣型か人獣型になってないと再生能力は発揮されないとか。


○ぬらりひょんの孫

雨造がライダーだと思っていたらウルトラマンだった件。

でもどうせならウルトラ水流のポーズにして欲しかった件。


○BLEACH
-今週のサブタイトルをexcite先生に翻訳してもらおうのコーナー
THE BESTIAL → 残忍

まんまですね。
ちなみにアルク先生にも聞いてみたところ
bestial
【形】

1. けだものの、野獣{やじゅう}の
2. 野蛮{やばん}な、残酷{ざんこく}な
3. 性的{せいてき}に堕落{だらく}した、みだらな
4. 〔感情{かんじょう}などが〕人間{にんげん}とは思えない、人間以下{にんげん いか}の

今回の内容的に考えると、
1か4が妥当な気がするのですがいかがでしょう。


-「醜いな」
お前には言われたくない。
というかむしろ可愛いだろう狛村隊長は。
可愛い上に漢すぎるし。
たとえ大して活躍できてなくても
この戦闘で狛村隊長の株がダダ上がりだぜ。


-色黒→ペプシマン→虫
ぶっちゃけ、ペプシマンのくだりって
いらなくなかった??
フリーザ第三形態と同じくらいいらなかった気がする。


-決着
この展開には賛否ありそうだけど、
(なんで檜佐木は動けるんだよとか)
個人的にはいい決着のさせ方だと思いました。

盲目だけど強いキャラが
視覚を取り戻した途端に不意打ちに弱くなるというのは
なかなか面白い展開だったなーと。

盲目であるが故に、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて
盲目という弱点をカバーしていたはずなのに、
いざ視覚が回復したらその視覚にばかり頼りすぎてしまって
他の感覚が疎かになり、結果として
格下の檜佐木にさえ不意打ちを許してしまった、と。


○バクマン
-平丸先生
なんで「枯渇」「限界」とかの中に
一枚だけ「愛」が混じっているのだw


-福田アシ
名前忘れた。
ヒャッハー(弟)に似てると思ったらそうでもなかった。


-「俺がパンチラの描き方を教えてやる」
かっこいいシーンのはずなのに
言ってることはものすごくかっこ悪い件。

しかしつくづく思うが
これNHK教育で大丈夫なのか?


○PSYREN
-遊坂 葵
青峰(仮)の名前が判明。
まさか本当に青被りしてるとは思わなんだ。

しかしこいつは怪しい。怪しすぎる。
祭先生の手を握ったところでなんか仕込んだか。
特殊科学武器研究科というので連想したんだけども、
以前の歴史で祭先生が感染した奇病ってのは
コイツの開発した化学兵器という線はないだろうか。

PSIの力と化学兵器を融合させた兵器みたいなもんで、
遊坂の所属する部署ではそんなんの開発が進められているとか。
手を握ったときに祭先生にそれを感染させていたとかね。
星将の能力があらかた出揃ったにも関わらず、
奇病関係の能力者が見当たらないので、
WISEには後の星将以外も戦力があると考えられるではないかと。

だと仮定すると、
遊坂と弥勒が繋がっているのか、弥勒が奪って使ったのか。
クサカベさんの例からもわかるように、
WISEには研究員がいるはずなので
そのWISE研究員の前身となった研究者達が
現代のどっかにはいるはずなんだよね。
それが特殊科学武器研究科のみなさんだったりしないだろうか。


-祭無双
実験体二人を見た後だと霞んでしまうけど、
それでも強すぎる祭先生の
予想通りの無双状態。

影虎さんとタッグ組めば
ジュナス以下なら問題なく勝てそうな。


○銀魂
クリスマスネタで年越しとか、
相変わらずこの漫画の時事・行事ネタは
旬を無視して突っ走りますね。
正月終わってジャンプ開いたら
まだクリスマスやってんですぜこいつら。


○年末年始スペシャル4コマ漫画詰め合わせ!!
これって連載開始順に載ってるんですね。
ジャガーさんがBLEACHより早いのはちょっと驚いた。

-こち亀
うん、まあ、この漫画は続いてるだけで凄いからね。
ネタなんかとっくに切れてるでしょう。

-ONE PIECE
これは上手いなーと思いつつ、ちょっと思い出し泣き。
ウソップの鼻眼鏡がちゃんと長鼻仕様になってる
芸の細かさに惚れ惚れする。

-NARUTO
内容より線の太さが気になって気になって・・・

-ジャガーさん
そもそも大して浮かれていないような。

-BLEACH
師匠はやっぱりこーいうコメディ的内容でこそ真価を発揮するのだと
再々々確認くらいした。
3コマ目ですでに落ちているのに
4コマ目でさらに別のオチを用意するという高等テク!

-銀魂
何気に本編とリンクさせた唯一の作品だったり。
空知先生はメタ的な仕掛けが上手いよねと思う。

-リボーン
最後のコマの「ペロン」の意味がさっぱりわからなかった。
しばらく考えて、
(^^) ←こんなシールをリボーンが自分の目の上に貼っていたのだとわかった。
わかっても面白くなかった。

-SKET DANCE
篠原先生はさすがに起承転結の使い方が上手い。
カリスマ性をいれるにはちと靴下が小さすぎる気はするが。

-PSYREN
初期だ・・・初期の雨宮さんだ・・・
ほどよい狂気を漂わせていた、尖っていたころの雨宮さんだ。

-ぬらりひょんの孫
スカシとはこれまた高等テクを使いなさる。
それにしても横顔のときの雪女の目がでかすぎね?

-トリコ
ギャグマンガ出身のしまぶーが
今回唯一のギャグでない4コマを描くとはどうしたことか。

-バクマン
醸し出すガモウ臭が隠し切れなくなってきたな・・・

-いぬまるだしっ
いぬまるくん以外のっぺらぼうだったのがちょっと怖かった。

-黒子のバスケ
つーかカントクも日向も
クリスマスになぜプロテインを探しに来た。

-べるぜバブ
あんま面白くなかったけど
4コマ目をベル坊独占だったので良し。

-めだかボックス
肝心のめだかは何役ですかい?
財布役?

-あねどきっ
ベタ過ぎて特に言うことがありません。

-保健室の死神
本編より4コマのが主人公が目立つ作品ってのもどーよ。
というところまで含めてのハデス先生いじりかもしれないが。

-賢い犬リリエンタール
本編だけでは飽き足らず、
4コマでまで読者をほのぼのさせてくれるとは・・・!
リリエンタールの好物? がバナナなんて設定あったっけ?

-ねこわっぱ!
これは設定だけですぐネタ思いついただろうし
楽だったろうねきっと。

-彼方七変化
彼方を逆から読むと田中になるのだと最近気がついた。
4コマについては特にないです。

-お年玉もらえるとしたら?
ルフィがトリコのことを知っているのはまあ、まだいいとして、
タマが松方弘樹を知っているのか?


○ねこわっぱ!

-猫一家
ああやっぱり一家が動く話は面白いわ。
おいしい塩とかそれゆけ解説じいさんとか。
そして昔のパパ上細っ!ばあさんデカっ!


-狸神使
こいつらもいいキャラだなあ。
熟練の温度調節とか。
一番ツボったのは
服をやぶかれたて乳首をとっさに隠す狸。
まずまるだしの下半身を隠せ。


-狸岩マンゲツ
キビマロの俳句は登場2話目くらいで
やっとこなれてきた感じだったけど、
マンゲツのMSDTRとかは最初っから面白いですな。
ネーミングの無理やりっぷりがイイ!

ところでこやつといいキビマロといい烏丸といい、
神の子がみんな人間の姿をしてるのはなぜに?
猫一家は完璧な猫なのに。


○宇宙のSPARROW
高橋一郎先生ってあの人ね、
バレーボール使いの人ね。違ったっけ?

とりあえずテンプレ通りの話だったけど、
変人は悪くないうんぬんのくだりが
高橋先生っぽかった。
あと雀のフルネームが
マイケルジャクソンの逆さ読みだということもわかった。

しかし所々、自分流の味付けをしているとはいえ、
テンプレすぎて連載には持ってきにくいんじゃないかな。

ついでに、
最後のコマの看板に作者からのメッセージがありますね。


○いぬまるだしっ 大コラボ祭!!
-PSYREN
どうやって混ぜるのかと思っていたら、
意外や意外、かなり相性よかったですねー。
あらすじとかみせるひととかナマ宮とか
小ネタがいちいち冴えわたってた。

そしてオチ担当のヒリューさんの再登場はいつの日か。


-黒子のバスケ
仮にもバスケット漫画で
はっきりと「能力」といってしまっていいのであろうか。
まあ、大石先生も読者もみんな
黒子は能力バトルだと考えているということですね。


-あねどきっ
天丼の使い方がさすがに上手い。
そしていぬまる君の絵が本家並みに上手い。
意外と大石・河下コンビで連載したら
うまいこといくんじゃないかね。


-バクマン
なんという自虐ネタ。
そして新妻先生大好きだな大石先生。
港浦さんのTシャツが「I ハート GAG」
だったりとか、こーいう細かいネタも大石先生の作なのかな。


○賢い犬リリエンタール
-てつこ(8)
てつこ自身になんらかの原因があることだけは
先週予想できたけども・・・
これは予想できんわ。
幼虫食ったら避けられましたとは。

あの男の子もてつこにちょいと気があったんだろうに、
惚れた女が目の前で幼虫食ったらトラウマになるぜよ。

しかし3年で変わってしまったなあてつこ。
特に目つき。
前から思ってたんだけど
てつこの目の上にある線は何なんだろう。
つねに半目の状態だってことかね??


-うさみ(8)
ミッフィーが逆さまになった服を着ていますな。


-/о◎о\
ご、ごむぞう!!
先週遊び半分で予想したら本当に出てきちゃったよごむぞう!!

空気を限界まで吹き込んで巨大化させて、
あんこくまじんvsごむぞうの
怪獣大決戦も見てみたかったけど、
ながいうまモードも見れたしこれはこれで。


-あんこくまじん
さて、通行人とかうさみ父とかが出てこないことから、
てつこ達4人+ごむぞうとあんこくまじんだけがいる、
本物の世界そっくりの別の世界に来てしまっているようですね。
幽霊船のときに雪だけ置いてけぼりくらったみたいに。

今回はてつことうさみが和解? すれば
すべては丸く収まると思うんだけど、
ここまであからさまにうさみの心が原因っぽく描かれていると、
逆に別の原因があるんじゃないかと深読みしてしまう。
実はてつこがうさみその他に避けられたときの
恐怖が実体化したものだったとか。


-巻末コメント
これはひょっとして、
葦原先生の原稿遅れのために
掲載順が芳しくないだけで、
実は人気はそこそこ取れているという可能性が??

あのワンピースですら原稿遅れたら
中盤掲載になってしまうわけだし。
可能性としてはありうる・・・よね?


○ジャン魂G!
君たち、本当にEXILE大好きだな。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:00 | トラックバック:0コメント:2
コメント
過呼吸も処置を間違えれば死に至ります。
カカシ先生とヤマト隊長が適切な処置方法をしってればこそ・・・ほかのサイトでも
ナルトに同情の意見あまりないような。
2012.12.06 Thu 13:26 | URL | ローズマリー
Re: タイトルなし
ローズマリーさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 過呼吸も処置を間違えれば死に至ります。
> カカシ先生とヤマト隊長が適切な処置方法をしってればこそ・・・ほかのサイトでも
> ナルトに同情の意見あまりないような。

確かに命に別状ないのがわかりきってる、というのは
書き方に問題ありというか人sに気に問題ありというかでしたね。

でもまあ、毒とかいろいろ危険な攻撃が飛び交うバトル漫画においては
過呼吸という現象についてあまり脅威が感じられなかったのです。

たしか。
もう2年前のことなので。

2012.12.06 Thu 21:32 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/86-5b6586c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。